お気に入りに
追加

住宅に囲まれた北側道路のゼロエネ×パッシブデザインハウス

~日当りの不安を解消した家~
周りの家も含めて視察してデータを取り、日照や室温の変化をシミュレート。
土地の南側に、家と家の間から光が差し込むラッキーゾーンがあることを見つけ、どこに窓を設ければ一日中光が確保できるかを計算しました。
同時に、高気密・高断熱を叶えるための対策も考えます。
窓が多ければいと逃げる量とを緻密に計算して、快適に過ごせる家になるよう調整します。
結果として吹き抜けを設けることと断熱カーテンの使用が決定しました。
断熱・遮熱性の担保と聞くと、三重ガラスの窓をイメージしがちです。
しかし三重ガラスだと窓から入ってくる熱の量も減ってしまいます…
しこで、特殊な構造で保温性を高め、窓の断熱・遮熱効果を上げる「ハニカムスクリーン」を使用することになりました。
「一日中家にいても、室温が一定に保たれていてびっくり。風通りもいいので、エアコンはほとんど使いません」

この家を建てた住宅会社

株式会社passive design house MiRaie

住所
香川県高松市仏生山町甲408-1
電話番号
087-887-5809
営業時間
9:00~17:00
定休日
不定休

この家を建てた住宅会社の他の施工実例