家事動線を工夫するには?

炊事、洗濯、掃除…毎日の家事はたくさん。
キッチンで料理をしながら合間で洗濯物を干したり、夕ご飯の支度をしながら洗濯物を取り込んだり・・・。
同時進行でいろんな場所への行き来が発生します。

キッチンから家事室(洗面脱衣室)まで5歩以内が理想といわれています。
炊事⇔洗濯⇔干す⇔しまう といった家事動線を考えると楽に時短できます。
最近では回廊型がとても便利というお声をいただいています。

家事動線の間取りを工夫して、楽に家事ができる家をつくりましょう。

 

家事動線間取りの例1:回遊型
キッチン、洗面脱衣室、リビングなどをぐるっと一周できる間取りです。
行き先が妨げられることなくスムーズに移動できるので、動きの自由度が高い動線です。

↑キッチン⇔洗面脱衣室⇔リビング

↑キッチン⇔洗面脱衣室⇔玄関

↑LDK⇔ウォークインクローゼット⇔洗面脱衣室

家事動線間取りの例2 : 直線型
洗面脱衣室から物干しスペースなど、家事をする動線が直線の間取りです。最短距離で移動できるので、並行して行う家事には最適な間取りと言えるでしょう。

↑キッチン⇔洗面脱衣室(横動線)

↑洗面脱衣室⇔キッチン⇔物干しスペース

住宅勉強会を開催している住宅会社

コラム一覧を見る